Microsoft Office Specialistの合格率や試験内容、試験日程など

マイクロソフトオフィススペシャリストは、総受験者数が200万人を突破したマイクロソフトオフィス製品の利用能力を証明する、世界的な資格認定制度で、パソコンソフト・エンドユーザー向けの資格です。
取得すると社内での評価アップは勿論のこと、就職や転職の際には実務能力の証明となります。


◆Microsoft Office Specialist◆
種類民間資格
受験資格誰でも受験可能(小学生以下は試験当日に保護者の同意が必要)
試験内容マイクロソフトオフィスに含まれるアプリケーションを使い、
どれだけ要求された作業を確実に行えるかを判定する
試験形式は全て実技試験。
WordとExcelにはスペシャリストレベルとエキスパートレベルがある。
試験期日全国一斉試験:毎月1〜2回(原則として第1・3日曜日)
随時試験:試験実施会場が設定する任意の日
試験地事務局が試験会場として認定した全国のパソコンスクールや専門学校など
受験料【スペシャリスト】1科目10,290円
【エキスパート】1科目12,390円
受験人数(合格率)約23万人(約76%)

お問合せ先

オデッセイ コミュニケーションズ

TEL:03-5293-1881

スポンサード リンク


ページトップへ
メニュー Information
Copyright (C) 資格ランキングプラザ All Rights Reserved.