食品衛生管理者に関する資格詳細


受験資格

次のいずれかに該当する者は、食品衛生管理者になることができる。
@医師、歯科医師、薬剤師、獣医師
A大学において、医学、歯学、薬学、獣医学、畜産学、水産学、農芸化学の課程を修めて卒業した者。
B厚生労働大臣の登録を受けた食品衛生管理者の養成施設において所定の課程を修了した者。
C下記、食品衛生管理者受験資格に該当する者で、厚生労働大臣の登録を受けた講習会の課程を修了した者。
D高校卒業またはそれと同等以上の学力があると認められた者で、食品または添加物の製造または加工の衛生管理の業務に3年以上従事している者。

試験内容

●一般共通科目

@公衆衛生概論、A食品衛生法及び関係法令、B食品、添加物等の基準規格、
C化学概説、D細菌学序論、E毒物学、F食中毒学、G食品学(栄養学を含む。)、 H施設における衛生管理
●乳製品関係科目

@細菌学実習、A乳製品検査法、B乳製品検査実習、C施設見学及び臨地訓練
●食肉製品関係科目

@細菌学実習、A食肉製品検査法、B食肉製品検査実習、C施設見学及び臨地訓練
●添加物関係科目

@分析法概論、A添加物鑑定法、B添加物鑑定実習、C施設見学及び臨地訓練

講習日程

講習会は開催のつど、開催者からの申請により厚生労働大臣が登録する

受講地

実施団体まで、お問い合わせ下さい。

受講料

350,000円(テキスト代込み)

お問合せ先

(社)日本食品衛生協会

スポンサード リンク


ページトップへ
メニュー Information
Copyright (C) 資格ランキングプラザ All Rights Reserved.