トップページ語学・国際業務 一覧国際公務員(アソシエート・エキスパート等派遣制度)

国際公務員(アソシエート・エキスパート等派遣制度)の合格率や試験内容

外務省では、給与などの経費を負担して将来に正規の国際公務員を志望する若手法人を一定期間国際機関に派遣するアソシエート・エキスパートなど派遣制度を設けています。この制度は国際機関での勤務を通して専門知識を深め、国際的業務を体験する機会を提供するものです。


◆国際公務員◆
受験資格@年齢:試験実施年の4月1日現在、35歳以下の者
A経歴:大学院修士課程修了の者(翌年6月までに修了見込みの者を含む)で、ある程度の職務経験を有する者
B語学:英語、またはフランス語のうち少なくとも1ヶ国語で職務遂行が可能な者。コレに加えて、他の国連公用語の出来る者は選考の際に考慮される
C将来にわたり、国際機関で働く医師を有する者
D日本国籍を有する者
試験内容【第一次審査】〔書類審査〕
〔語学審査〕英語・フランス語から選択

【第二次審査】〔面接審査〕第一次審査合格者のみ
申し込み期間4月上旬〜7月上旬(応募書類の提出は郵送のみ)
試験期日〔語学審査〕
TOFEL:受験年の前年7月1日以降に受験したスコアが審査対象
国連英検特A級:受験年の前年実施試験の第1・2次の得点が審査対象
TEF:受験年の前年7月1日以降に受験したスコアが審査対象

〔面接審査〕
9月中旬〜10月上旬(予定)
試験地〔語学審査〕
英語(TOEFL)・フランス語:世界各地
国連英検特A級:日本全国主要都市

〔面接審査〕
東京・ジュネーブ・ニューヨークから選択
受験人数(合格率)非公開

お問合せ先

外務省国際機関人事センター

TEL:03-3580-3311

スポンサード リンク


ページトップへ
スポンサード リンク
Copyright (C) 資格ランキングプラザ All Rights Reserved.