貿易実務検定の合格率や試験内容、試験日程


◆詳細◆
受験資格誰でも受験可能
試験内容【C級】定型業務をこなすために必要な知識がある、実務経験1〜3年のレベル
@貿易実務 A貿易実務英語

【B級】貿易実務経験者の中堅層が対象で、実務経験1〜3年以上のレベル
@貿易実務 A貿易実務英語 B貿易マーケティング

【準A級】貿易実務の一般的な判断業務が出来る、実務経験2〜4年のレベル
@貿易実務 A貿易実務英語 B貿易マーケティング

【A級】貿易実務において判断業務が出来る、実務経験3〜5年以上のレベル
@貿易実務 A貿易実務英語 B貿易マーケティング
申し込み期間【C・B級】
1月上旬〜2月中旬 5月上旬〜6月中旬 10月上旬〜11月中旬

【準A級】
5月上旬〜6月中旬 10月上旬〜11月中旬

【A級】
1月上旬〜2月中旬
試験期日【C・B級】
3月上旬 7月上旬 12月上旬

【準A級】
7月上旬 12月上旬

【A級】
3月上旬
試験地【C・B級】
仙台・東京・横浜・名古屋・大阪・広島・福岡・沖縄

【準A級・A級】
東京・名古屋・大阪
受験料【C級】5,800円 【B級】6,900円
【準A級】8,500円 【A級】12,000円
受験人数(合格率)約320人(約26%)

お問合せ先

貿易実務検定(日本貿易実務検定協会)

TEL:045-225-6307

スポンサード リンク


ページトップへ
スポンサード リンク
Copyright (C) 資格ランキングプラザ All Rights Reserved.