トップページ語学・国際業務 一覧米国公認会計士(CPA)

米国公認会計士(CPA)の合格率や試験内容、試験日程


◆詳細◆
受験資格4年生大学卒業者・卒業見込み者で、会計・ビジネス関連の単位を取得している者(日本の大学でも可能で、短大卒業者が受験可能な州もある)
試験期日年4回:1・2月、4・5月、7・8月、10・11月の4期に分けられ、最大4回の受験が可能。受験可能日から希望日時を選択する。
試験地アメリカ各州のプロ目トリック・テストセンター
受験料アメリカ各州により異なる
受験人数(合格率)非公開(約45%)

お問合せ先

アビタス

TEL:03-3299-3330

スポンサード リンク


ページトップへ
スポンサード リンク
Copyright (C) 資格ランキングプラザ All Rights Reserved.