トップページ語学・国際業務 一覧インドネシア語技能検定試験

インドネシア語技能検定試験の合格率や試験内容、試験日程


◆詳細◆
受験資格【E・D・C・B・A】誰でも受験可能
【特A級】A級合格者のみ
試験内容【E級】初歩的なインドネシア語の単語や文章を読み、書くことが出来る
筆記(40分)、リスニング(10分)

【D級】初歩的なインドネシア語を理解し、簡単な挨拶や日常の慣用表現など初歩的な意思疎通が出来る
筆記(60分)、リスニング(10分)

【C級】基本的なインドネシア語を理解し、挨拶や自己紹介、道案内が出来、掲示、商品などの説明書が読め、簡単な文章を読むことが出来る
筆記(80分)、リスニング(20分)

【B級】日常生活や職場に必要なインドネシア語を理解し口頭で表現が可能。簡単な説明、電話対応などが出来新聞記事が読め、簡単な手紙や説明文が書ける
一次:筆記(90分)、リスニング(20分)
二次:面接(約7分)

【A級】社会生活に必要なインドネシア語を理解し、口頭で表現。一応の通訳が出来、放送の大意を理解し、ニュース解説が読め、自分の意思を文章表現することが可能
一次:筆記(100分)、リスニング(20分)
二次:面接(約10分)

【特A級】インドネシア語の通訳、翻訳者として通用するレベル
一次:筆記(100分)、リスニング(20分)
二次:面接(約10分)
申し込み期間10月上旬〜11月上旬 4月上旬〜5月中旬
試験期日【E・D・C級】1月中旬、7月中旬
【B・A級】一次:1月中旬、7月中旬 二次:3月下旬、9月下旬
【特A級】一次:1月中旬 二次:3月下旬
試験地一次:東京、名古屋、大阪、九州、ジャカルタ
二次:東京
受験料【E・D級】3,500円 【C級】5,500円 【B級】8,000円
【A級】9,000円 【特A級】18,000円
受験人数(合格率)約130人(約12%)

お問合せ先

インドネシア語技能検定試験 主催:日本インドネシア語検定協会

TEL:03-3438-4790

スポンサード リンク


ページトップへ
スポンサード リンク
Copyright (C) 資格ランキングプラザ All Rights Reserved.