児童英検の合格率や試験内容、試験日程

全国の様々な環境で、英語を学んでいる児童が対象となる児童英検は、英語学習入門期に最も大切であると考えられている、リスニング形式で行われます。
英語に親しみ、興味や監視をもち、積極的に英語でコミュニケーションを取ることを楽しめるような児童の育成を願って実施されている検定です。


◆児童英検◆
受験資格小学生以上なら誰でも受験可能 各級受験対象者
【BRONZE】@児童英検を初めて受験する児童 A学習塾などで半年〜1年以上の学習経験をもつ児童 B過程で英語学習をしている未就学児童 ほか

【SILVER】@BRONZEを受験して全問題の80%以上を正解できた児童 A小学校の英語活動で2年以上の学習経験をもつ児童 ほか

【GOLD】@SILVERを受験して全問題の80%以上を正解できた児童 A学習塾などで1年半〜2年以上の学習経験を持つ児童 ほか
試験内容【BRONZE】初級レベル(40問/約30分)

【SILVER】中級レベル(45問/約35分)

【GOLD】上級レベル(50問/約45分)
申し込み期間5月上旬〜6月上旬 9月上旬〜10月上旬 12月上旬〜翌年1月中旬
試験期日6月下旬 11月上旬 翌年2月上旬
試験地東京、名古屋、大阪
受験料【BRONZE】2,000円
【SILVER】2,200円
【GOLD】2,400円
受験人数(合格率)約9万人(不明)

お問合せ先

STEP 英検-日本英語検定協会-

TEL:03-3266-8088

スポンサード リンク


ページトップへ
スポンサード リンク
Copyright (C) 資格ランキングプラザ All Rights Reserved.