MBAの合格率や試験内容、試験日程


◆詳細◆
取得方法アメリカの一般ビジネススクールに入学し、取得する場合
〔必要書類〕
@学士号(専攻は問わない)
A大学での成績(GPA)
BGMAT:英語・数学・Analytical Writingの3科目
C小論文(essay):必ず本人の作成。英語能力・文章構成力が評価される。文法・スペルミスなど入念なチェックが必要とされる
D推薦状:一般に3通(職場関係・大学関係・その他)。スクール側の基本的なチェックポイントは、個人の過去の業績、リーダーシップ能力、独自性、創造性
ETOEFL
F職務経験:一般に3年以上の実務経験。卒業して4〜5年以上の場合はGPAよりも実務経験の中身の方が重要視される
G個人の資質:エッセイや推薦状、インタビューなどで本人の経営幹部候補としての能力や資質が問われる
H面接:ビジネススクールによって異なる。海外出願者には現地(例えば日本)で実施したり、国際電話で実施する場合もある
授業内容@Core(ビジネスの基本となる分野)
AConcentration(個人の興味をさらに深く学ぶ分野)
BElective(選択分野)
申し込み期間ビジネススクールによって異なる。全ての書類が締め切り前に到着すること
試験期日ビジネススクールによって異なる
受験料年間授業料:約100万円〜 (別途滞在生活費が必要)

お問合せ先

日米教育委員会

TEL:03-3580-3231

スポンサード リンク


ページトップへ
スポンサード リンク
Copyright (C) 資格ランキングプラザ All Rights Reserved.