旧司法試験

法に基づいて社会の秩序を保ち、人権保護や社会正義の実現をはかる裁判官・検察官・弁護士への道は、この試験に合格することから始まります。合格率も約1%という数字からもわかるように災難間の国家試験だが、その厳しさに見合う高い評価を得られる事が出来ます。


◆詳細◆
種類国家資格
受験資格〔一次〕誰でも受験可能
〔二次〕@学校教育法に定める大学の卒業者等 A旧高等学校令による高等学校高等科、旧大学令による大学予科または旧専門学校令による専門学校を卒業し、または免除を受けていた者 B旧高等試験令による口答試験予備試験に合格した者またはその免除を受けていた者 ほか
申し込み期間〔一次〕11月中旬〜12月上旬 〔二次〕2月上旬〜下旬
試験期日〔一次〕1月上旬
 〔二次〕〈短答式〉5月中旬 〈論文式〉7月中旬の2日間 〈口述〉10月下旬の3日間
試験地〔一次〕浦安・大阪・名古屋市・仙台市・札幌市
〔二次〕〈短答式〉東京都・吹田市・名古屋市・金沢市・岡山市・福岡市・宜野湾市・仙台市・札幌市・高松市
〈論文式〉東京都・吹田市・名古屋市・福岡市・札幌市
〈口述〉浦安市
受験料〔一次〕8,800円
〔二次〕11,500円(各収入印紙)電子出願は11,100円
受験人数(合格率)約23000人(約1%)

お問合せ先

法務省

TEL:03-3580-4111

スポンサード リンク


ページトップへ

メニュー

Information

Copyright (C) 資格ランキングプラザ All Rights Reserved.