人気の資格ランキングサイト

資格試験の詳細、職業やその年収まで確認出来、就職や転職や進学をする際にも役立つランキングが多数

当サイトでは数百種類ある多数の資格や検定の試験内容、試験日、受験料、合格率などの詳細、その中でも人気のある試験などを順位別で細かく調べることが出来ます。他にも高年収の職業や将来性が高く就職や転職に有利な資格、女性に人気なものまで様々な情報を調べる事が出来ますので、どの資格を取得しようかと悩んでいる方は是非当サイトをご活用下さい。

資格のランキング ジャンル別

コンピュータ・IT・PC


エクセル、オフィス、プログラミング、ワード、ソフトウェア開発、テクニカルエンジニア、シスアド、基本情報技術者    など
ランキングを確認

語学・国際業務



英検、通関士、TOEIC、通訳、ACT、TOPEC、国際公務員、貿易実務検定、中国語検定、仏検   など
ランキングを確認

経営・労務管理/財務・金融


税理士・簿記検定・ファイナンシャルプランニング、経営士、、産業カウンセラー、公認会計士  など
ランキングを確認

司法・法務・法律

行政書士、司法書士、弁理士、裁判事務官、刑務官、法務官、保護司、司法試験  など
ランキングを確認

事務・オフィス技能



漢字検定、日本語検定、数字検定、珠算検定、実用マナー検定、電卓技能検定、ビジネスキャリア  など
ランキングを確認

 

生活・デザイン/調理・衛生


美容師、栄養士、ネイリスト技能検定、カラーコーディネーター検定、アロマテラピー検定、調理師  など
ランキングを確認

福祉・健康/医療


薬剤師、看護士、介護福祉士、臨床検査技師、獣医師、手話通訳、サービス介助士、メディカルクラーク  など
ランキングを確認

不動産・建築

建築士、クレーン・デリック運転士、マンション管理士、ライフスタイルプランナー、土木施行管理技師   など
ランキングを確認

工業・設備/電気・通信・安全管理

危険物取扱者、電気工事士、ボイラー技師、衛生管理者、工事担任者、技能士(補)、消防設備士   など

ランキングを確認

資格のランキング バラエティ別

人により資格を取得する理由は様々です。こちらではその時おかれた状況によって受けるべき試験を人気のある順位を紹介していいるので、個々の視点から確認する事が出来ます。是非自分に合った資格をお探し下さい。

高年収別の資格

女性に人気の資格

将来に役立つ可能性の高い資格

難易度の高い資格

受験料の安い資格

収入アップに繋がる資格

就職・転職に有利な資格

人気のある国家資格しけん

ジャンル別何どの高い試験

習ってみたい人気の通信講座

不況に強い業種の資格ランキング

乗り物系資格資格ランキング

 

仕事・職業関連の資格

題名の通り資格関連ではなく、仕事や職業に関する情報を確認する事が出来ます、いい意味で人気のある職種から、悪い意味で上位につけているものまで様々あります。こちらでは是非就職や転職をする際にお役立て下さい。

副業ランキング

激務な職種

子供に人気の職業ランキング

理想の彼氏の職業ランキング

理想の彼女の職業ランキング

人気の企業ランキング

ブラック企業ランキング

 

学び方や勉強方法について

様々な資格や検定試験を取得する必要性は、自分自信のスキルアップやキャリアアップのため、就職・転職・進学・受験の時に有利にする為など人により目的は様々です。
なので自分に合ったものや、必要性のある資格を探し出す事が大事です。
そして資格や検定を取得する方法も様々で、独学で勉強をしたりスクールや講座に通う方法や、今では通信教育なども盛んに行われているので、そう言ったものを利用するのも一つの手です。

当サイトで自分に合った資格や興味のある試験の詳細を確認し、是非これからの学習ライフにお役立てください。
難易度の高い資格や検定も勿論ありますが、不況で就職難の世の中だからこそ便利な資格検定を取得し、良質な企業、会社への入社や、独立開業を目指し不況に負けないように資格は絶対に有利になるので頑張りましょう。

独学で学習、受験勉強

学校や団体で勉強する場合教師やスクールの講師が資格試験を受ける手続きなどをしてくれますが、個人で受験する場合色々と調べなければならない事があります。
①試験日の確認 ②受験資格の確認 ③試験方法の確認
これらが必須となります。(こちらは当サイトで調べる事が可能です)
そこから各団体へ問い合わせし、資料請求をし、受験票などを送ってもらう事になります。

そして興味のある試験の参考書などを購入し、受験日に合わせ計画を立て勉強をして行く事になります。
現在では『ケイコとマナブ』や『生涯学習のユーキャン』など通信講座も用意されているので、それらを活用するのも有効な手段の一つとなります。
各自、自分にあった学習方法をするのが一番の方法だと思います。