IT・PC系資格ランキング

主にパソコンやネットワーク関係の仕事をされる方にに人気の資格。

今やパソコンスキルはIT関係の会社やパソコンを使用する仕事をする上で必須のスキルであり、多少なりとも使いこなせる事が出来なければ就職や、転職において圧倒的に不利になります。逆に言えば、知識があり使えれば使いこなせるほど有利ということです。更に自分でデザインやグラフィックを手がける事が出来ると、正に鬼に金棒と言った所でしょう。
その中で今注目されているのはランキング4位につけている「Linux技術者認定試験」は次世代のOSとして世界中の技術者の協力をもとに開発されている。世界共通基準で行われているこちらの試験の合格者は、そう述べた通り海外でも同等の評価を得られる事が出来ます。

IT系資格ランキング

【第10位】情報セキュリティアドミニストレーター

報のネットワーク化が進み、様々な情報が誰でも手軽に手に入れる様になり、情報セキュリティの面での対策が問われるようになりました。そうした社会の要請を受け作られたのが情報セキュリティアドミニストレータです。
セキュリティの侵犯が無いかを監視し、改善策を策定する事が仕事になります。

【第9位】ソフトウェア開発技術者

ソフトウェアの開発において、外部使用に基づいた内部設計書やプログラム設計書の作成から、プログラムの単体・結合テスト、基本情報技術者の指導といった幅広いこなすのは。高度な知識と技能が必要なだけに、是非取得しておくべきなのが、このソフトウェア開発技術者です。

【第8位】初級システムアドミニストレーター

現代社会ではITは必要不可欠な存在であり、情報システムを使いこなせる人材育成が重要視されています。初級シスアドは利用者の立場から情報システム化をサポートする技術者のことで、パソコンを単純に活用するだけではなく、業務の情報化や効率化に寄与するのが初級システムアドミニストレータです。。

【第7位】基本情報技術者

情報化社会の急速な発展に伴い、情報処理関連の資格を取得する方が増加していますが、その中でも基本となるのが、この基本情報技術者になります。
内部仕様に基づいてプログラムの設計や開発をする業務に従事し、情報技術全般に関する基本的な知識を活用し、システム開発プロジェクトの一員として貢献するのが、基本情報技術者です。

【第6位】C言語プログラミング能力認定試験

プログラミング言語としてC言語を学習している方を対象に、プログラミング能力を認定する試験がC言語プログラミング能力検定試験です。C言語を駆使して、応用プログラムが作成できる人材の育成を目指して生まれた試験です。

【第5位】P検-パソコン検定試験

パソコン全般の知識や実践的な能力を客観的に判断できる総合的な資格試験がP検-パソコン検定試験です。
アプリケーションの出題は特定のメーカーに偏ったり、制約を受けることのない内容になっています。

【第4位】Linux技術者認定試験(LPIC)

世界中の技術者がネットワークを通じて開発協力をし、進化を続けるオープンソースのOSがLinuxです。このLinuxを扱う技術者のレベルを測る試験で、世界共通基準で作成されている。
もしこの試験に合格する事が出来れば、世界中の何処の国でも同等の評価を得られ、就職活動や、待遇面でも有効な武器にななるはずです。

【第3位】Word文書処理技能認定試験

急激に進展していく現代社会において、年功序列や終身雇用は崩壊し、多くの企業は実力・業務主義に移行している。このような時代だからこそ、実際の業務に活用できる、即戦力となるスキルをもつ人材が望まれ。その証のひとつとなるのがWord文書処理技能認定試験です。

【第2位】Microsoft Office Specialist

マイクロソフトオフィススペシャリストは、総受験者数が200万人を突破したマイクロソフトオフィス製品の利用能力を証明する、世界的な資格認定制度で、パソコンソフト・エンドユーザー向けの資格です。
取得すると社内での評価アップは勿論のこと、就職や転職の際には実務能力の証明となります。

【第1位】Exel表計算処理技能認定試験

多様化、複雑化したIT社会にあって最先端のスキルを持っていると判定されるのがExcel表計算処理技能認定試験です。Excelを用いた表計算処理技能と、ビジネス実務への展開能力を認定する資格です。